2006年12月

2006年12月29日

サブリースも安心じゃない。

平成18年12月29日

住友不動産、横浜倉庫/サブリース賃料減額確認訴訟で和解成立
「住友不動産(株)がオフィスビルを一括賃借している横浜倉庫(株)を相手取り、サブリース賃料の減額確認を求めていた訴訟で、東京高等裁判所の和解勧告を双方が受諾し、和解が成立したそうです。
ビルは地上23階地下2階建、1995年2月竣工。
和解の内容は、東京高裁の和解案に基づき、1996年9月分以降の賃料について、「過去および将来にわたり減額」し、支払済み賃料との精算額に相当する精算金16億4,200万円を住友不動産が横浜倉庫に支払うとの内容。
この訴訟は、サブリースで家賃を保証した住友不動産が、賃料の減額を求めて1995年9月賃料減額確認訴訟を東京地裁に起こしたもので、東京地裁ではサブリース契約では、借地借家法第32条「賃料減額請求権」の適用はないとされ、一切の賃料減額を認めない判決でした。
これを不服として同社が控訴し、第二審では、第一審の判断を覆し、サブリースにも賃料減額請求権を適用できるとして,賃料を減額する判決でした。
その後、横浜倉庫側の上告審で、サブリース契約への同法第32条の適用を認めたうえで、第二審判決を破棄し、賃料額の判断について、東京高裁に審理を差戻していたものです。」

この裁判どういうものか少し解説すると、いわゆるサブリース制度で建てた建物でも、家賃減額はありえますよっていうものです。

不動産会社やハウスメーカーが、「あなたがお持ちの土地に、アパート建てませんか!ビル建てませんか!当社が提案する賃貸建物を建てていただければ、月○○万円で当社が借り上げます。天下の○○不動産が借りるんですから、安心ですよ。」そう言われて建てた建物に、借地借家法第32条「賃料減額請求権」の適用があるのかが、争われた事例です。

不動産会社側としては、家賃を保証しますで、建てさせたものの家賃相場が下がってしまって、毎月赤字。
借り上げ家賃を下げてくれるよう、家主に交渉するが、家主は話が違うと応じない。

それで裁判になって、地裁ではサブリースで家賃保証して建てさせたんだから、家賃の減額請求は認めませんとなったものの、最終的にはサブリースでも家賃減額は認められるとなったものです。

この借り上げ制度、大手の賃貸住宅建設業者・賃貸斡旋業者は、ほとんどの業者が採用しています。

安心な制度でよい制度だと思いますが、ただし、「その家賃は将来的にも、保証されたものではない」
このことはお忘れなく。

北九州市でマンションを貸したいなら

いいフドーサンどっとコム


e2103ams at 14:01|Permalinkclip!貸したい方へ 

2006年12月20日

当社ホームページ少し変えてみました

当社アムズのホームページを、
少し変えてみました。

ほんの少し一部だけですが。

北九州市の不動産情報ならアムズ

e2103ams at 12:57|Permalinkclip!

2006年12月06日

北九州市および近郊の不動産買い取ります。

ただいま当社では、不動産の買取キャンペーン中です。

北九州市内および、北九州近郊で不動産の売却を
お考えなら、アムズへお電話ください。

フリーダイヤル 0120-03-2103

詳細はこちら 北九州市限定!!不動産買取.com
をご覧ください。

e2103ams at 12:13|Permalinkclip!不動産売却について 

2006年12月01日

12月限定、お得なお家の購入方法

今日から12月です。

12月に入ると、おうちを考えておられる方も、
一休みされる方が多いと思いますが、お得な購入をしたいなら、
本当は、12月こそチャンスです。

なぜなら中古住宅の場合、12月に入ると、
商談そのものが少なくなり、
売主さんも仲介業者も弱気になっています。(笑)

商談が少なくなるうえに、年内に決めないと、
年末年始で、2週間は開店休業状態になる。


ですから12月は、価格の交渉が、しやすくなるんですね。

逆にこれを逃すと、2月3月は物件が動きますので、
強気になります。(爆)


また新築住宅の場合も、12月はチャンスです。
ある程度の話になっているのに、12月の御用納め近くまで、
なんだかんだと決断できずにいると、ハウスメーカーのほうから
ある程度以上の値引きを言ってくるはずです。

ハウスメーカーの値引きといえば、中間の決算時、期末の決算時、
それと12月。

全部の中古物件、すべてのハウスメーカーが、
値引きに応じるわけではありませんが、かなりの確率で
応じてもらえるはずです。

他の人が買わないときに買う。
お得な、お買物の基本です。